銀行別おすすめカードローンを知りたい!

借入金額によって明確になっている実質年率 - 銀行別おすすめカードローンを知りたい!

銀行別おすすめカードローンを知りたい!
銀行別おすすめカードローンを知りたい! > 借入金額によって実質年率

借入金額によって明確になっている実質年率

銀行カードローンなどを申し込みする場合に、一番気になるのが借入金額の限度と金利かも知れません。
その点から考えると銀行カードローンは、融資限度額が大きくて低金利で借り入れが可能と言う点が大きな魅力になります。
金利が低いことによって返済時に必要な利息が少なくて済むため、返済総額を考えると負担が少なく賢く利用できます。

ただし申し込みする場合に、自分が利用するプランの借入金額とその実質年率がどのくらいなのかを確認してから利用する必要があります。
その理由は、同じ銀行でも融資額が多ければ多いほど金利が低くなっていて、融資額が少額であれば金利が高くなっているからです。
つまり、借入金額に上限と下限があると共に、上限金利と下限金利があるのです。

例えば、借入金額が10万円~1,000万円で実質年率が4.0%~14.0%と提示されているプランがあったとします。
この時に、10万円の借入金額で実質年率たったの4%で借りられると考えてしまうのは大きな間違いです。
実は、提示されている下限金利は最高融資額を借りた場合の金利なのです。
つまり、1,000万円を借りる場合は4.0%の金利で、10万円を借りる場合は14.0%の金利になるのです。
そして、その間に関しても利用限度額に応じて金利が設定されていて、借入金額によって実質年率がそれぞれ明確になっているのです。
この仕組みをしっかりと理解していないと大変なことになってしまう可能性も考えられるので注意しましょう。

また実質年率の面で知っておくと役立つこととして、利用内容に応じて金利を優遇すると言ったサービスがあることです。
地方銀行に多くみられるサービスで、住宅ローンを組んでいると金利が優遇されたり、給与振込口座として利用することで金利が優遇されたりします。
優遇される率は少しかも知れませんが、それにより負担が少しでも減少することは確かですから、そのような優遇措置を賢く利用するのも良い方法と言えます。