銀行別おすすめカードローンを知りたい!

消費者金融カードローンとの違い - 銀行別おすすめカードローンを知りたい!

銀行別おすすめカードローンを知りたい!
銀行別おすすめカードローンを知りたい! > 消費者金融カードローンとの違い

消費者金融カードローンとの違い

金融機関からお金を借りる方法のひとつにカードローンがあって、契約する金融機関で銀行カードローンと消費者金融カードローンの2つがあります。
では、この2つにはどのような違いがあるのでしょう。

銀行と消費者金融のカードローンの大きな違いとして金利があります。
一般的に消費者金融の上限金利は18%前後で、銀行は15%前後なので単純に3%銀行の方が低金利で融資が受けられます。
このことか銀行カードローンの方が低金利で利息負担が小さく済むと判断することができます。
ただ、消費者金融では無利息期間を設けるなどのキャンペーンを展開することで金利が高い点をカバーしています。

次の違いは融資限度額で、銀行によって限度額に違いはありますが最大800万円前後なのに対して、消費者金融は500万円前後となっています。
この融資限度額が大きいと言う点が銀行のメリットでもあって、最近では最大1,000万円までの融資が受けることができる銀行もあります。
また融資限度額に影響してくる要素として、貸金業法の総量規制ルールと言うのがあって、このルールにより年収の3分の1以上の借入ができないのです。
ただ、この総量規制の対象になるのは消費者金融などの貸金業者で銀行は対象外なのです。

銀行カードローンの方が良いことばかりに感じられますが、その分審査条件が厳しくて審査スピードが遅いデメリットがあります。
その為に、即日融資が可能と言う銀行は少なくて、消費者金融はスピードキャッシングと言う強みを持っているのです。
また、審査条件が厳しい銀行と違って審査条件が甘いところが多いので、銀行で審査通過しなかったから消費者金融の申し込みをするケースもあります。

このように銀行と消費者金融のカードローンには、それぞれメリットとデメリットと言う微妙な違いがあります。
その違いをしっかりと理解して状況により使い分けするなど賢く利用するのもひとつの方法です。
ただ、どちらで借入しても借金と言う点に違いはないので、しっかりとした返済計画に基づいた借入をしましょう。